心豊かに暮らそう!
音楽・釣り・アウトドアライフ・写真・神社めぐりなどなど、私の心ときめく時間をご紹介。
スポンサードリンク



最新記事



カテゴリ



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
50も半ばを過ぎた中年オヤジです!仕事仕事ですぎていった若いころを取り戻すことはできないけど、残りの人生は、もっと心豊かな生き方をしていきたいと思っています。そんな私の思いや暮らし、お勧めなどをブログでご紹介していきます。一緒に、心豊かな暮らしをしましょう!!!



月別アーカイブ



最新コメント



お勧めサイト



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



高島城址公園
長野県諏訪市にあるお城・・・高島城。

CIMG7739.jpg

桜でも有名な城址公園です。

CIMG7737.jpg

気になっていたお城なんですが、今まで行く機会に恵まれず、行きそびれていました。

その高島城に・・・

行ってきましたよ。










[続きを読む]

浅田家
新型コロナの影響による自粛と生活の制限も、早1年が過ぎました。

この1年間で、私達は、様々な生活の変化を余儀なくされました。

その一番が、「おうち時間」とか、「ステイホーム」などと言われる、いわゆる家で過ごす時間が増えたことではないでしょうか。

外出もままならない。

飲みにいくのもはばかれる。

買い物だって、込んでいない時間などを考えながら行動する。

3密を避ける・・・etc

コロナ対策の中で、私達に求められる行動、私達が意識しなければいけない行動は、本当に我慢と隣り合わせのことでした。

そんな昨今、家で過ごす時間を、いかに有意義なものとして行くかが、一つのテーマだったのではないでしょうか。

そして・・・

園芸とか・・・

日曜大工とか・・・・

読書・・・・

料理・・・・

ゲーム・・・

それぞれの新たな楽しみ方を、みんさんが見つけてこられたことともいます。

我が家でも、色々なことにチャレンジしてきました。

その一つが・・・

おうちで映画鑑賞です。

もともと映画は好きで、よく・・・と言うほどではないですが、映画を見に行きました。

まだ若かれしころ、カミさんと始めてのデートも映画でした。

あの時は、「フラッシュダンス」を見に行ったのかな。

そして今は・・・

DVDのおかげで、家でも映画が気軽に楽しめるようになりました。

もちろん、映画館で見るあの大きなスクリーン・・・

あの迫力は、家では感じられませんけれど、その反面、お酒を飲みながら、映画やコンサート(ライブDVDも色々な方の物が売られていますから・・・。)を楽しめるようになりました。

この週末も、我が家は映画を楽しみましたよ!!!

[続きを読む]

偶然出会った弦 SIT STRINGS
別のギターに貼る安い弦を探していたら、たまたまこの「SIT STRINGS」という弦に出会いました。


【 スポンサードリンク 】



[続きを読む]

ふきのとう
今年の冬は、寒いのか暖かいのか???

何年に一度の大寒波・・・なんていったかと思うと、1月なのに3月上旬並みの気候なんていわれたり。

2月には行っても、まるで春を感じさせる日差しが降り注いだかと思ったら、いきなり雪。

これじゃ、自然界でも季節を間違えてしまいますよね。

人間特に日本人は、本来、春・夏・秋・冬と、四季を感じながら一年のサイクルを作り上げて暮らしているのに、春でもないときに春の装いを感じたり、春の次には夏が来るはずなのに、またフユに逆戻りしたりしたら、身体も心もまいってしまいますよね。

こんな気候が続くと、病んでしまう人も出てくるのではないかと心配になってしまいます。

そんなことを感じながらも、先日、我が家の庭に・・・春が来ていました。










[続きを読む]

「鬼滅の刃ー無限列車編」・・・笑顔のある暮らし!
先日、「鬼滅の刃ー無限列車編」の映画を見てきました。

DSC_0122.jpg

うちの職場のスタッフが見てきて、とても良かったと話しているのを聞いて・・・。

家族からも、見に行きたいとせがまれてはいたんですが・・・

以前、映画公開に先駆けて、テレビで、それまでのテレビ放映されたアニメのダイジェスト版が放送されていたのは皆さんも見られたのではないでしょうか。

それまで、私は、このアニメは、とてもグロテスクな表現が多くてあまり好きではなかったんです。

もちろん、ストーリーなんて知りませんでしたし。

けれど、子供が見ているのを一緒に見ていて、ちょっと奥が深いかも・・・なんて思ったんです。

しかも・・・

そのダイジェスト版の最後のところで、脇役(今回の映画では、私敵には主役に見えましたが・・・)の“煉獄さん”という、鬼退治をする舞台の体調さんみたいな方が出てきていて、ちょっとしたセルフから、この人いい人かも・・なんて思ったんですよ。

けれど、息子に話を聞くと、今度の映画では、この“煉獄さん”が鬼に殺されてしまうんだよと聞き、それなら見たくないなって思ってしまったんです。

なんだか、私は、この“煉獄さん”が好きになっていたのかもしれません。

私が映画を見なければ、私の中では、この“煉獄さん”は死なない・・・って思っていたんですよ!

けれど、ちょっと映画が気にはなっていたんですね。

スタッフの話を聞いて、ちょっと見てみようかな・・・って気持ちが、もこもこもこって湧き上がってきて。

しかも、家で家族と話をしていたら、やはりこの映画が見たいとみんな言うんですよ。

で、ようやく重い腰を上げて、先日見に行きました。









[続きを読む]