心豊かに暮らそう!
音楽・釣り・アウトドアライフ・写真・神社めぐりなどなど、私の心ときめく時間をご紹介。
プロフィール

祥雲

Author:祥雲
50も半ばを過ぎた中年オヤジです!仕事仕事ですぎていった若いころを取り戻すことはできないけど、残りの人生は、もっと心豊かな生き方をしていきたいと思っています。そんな私の思いや暮らし、お勧めなどをブログでご紹介していきます。一緒に、心豊かな暮らしをしましょう!!!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



お勧めサイト



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



雑草・・・・・
道端を見ると・・・

小さな「雑草」と呼ばれているような草花が、きれいな花を咲かせていた。

CIMG5030.jpg

私らは、メジャーな花たちではない、その他大勢の花をひとまとめにして、雑草と表現することがある。

自然に咲いている花だけど、人に何の利益ももたらさないからなのかな?

それとも、好んで育てようとするような花ではないからなのかな???

しかし・・・・

どなたが、何かの本に書いていたような記憶があるのですが・・・

「雑草という花はない」・・・

そうですよね。

その花の名前を私は知らないけれど、でも、どの花にもきっと名前はあるはずですから。

それに、草花たちは、自分が「雑草」と呼ばれていることも、人間から必要とされていないことも知らないのですから。

いえいえ・・・

知る必要がないんです。

彼らは、自分ができることを精いっぱいやっているだけ。

それぞれの季節に合わせ、新しい眼をだし、葉を付け、花を咲かせる。

そして、また子孫を増やすために種を付けて、その種を風や鳥や虫たちの力を借りて、色々なところに届けていく・・・。

それだけなんです。

でも・・・・

地球に、その草花が存在するということは、私達の暮らしに直接影響をしていないように思えても、実は、大変な意味があるはずなんですよ。

この地球上には、一つとして、無駄なものは無いはずだから。

この地球という星にとっては、必ず必要とする意味があるのだから。

そのことを、きっと、草花たちは知っているのではないのかな。

だから、自分がやるべきことを、一生懸命やり続けられるのではないのかな。

時として、人は、他人を、又は自分を、「雑草みたいな・・」と表現することがある。

これには、

雑草みたいに、踏まれても踏まれても、再び立ち上がることができる、強い人間・・・という良い意味で使う時と、自分は、バラやユリや蘭(そのほかにも高価な花はたくさんありますが・・・)などのような価値の高い人間に対し、他人をさげすんだように表現するときに使う時があります。

これも、人間が勝手にもった「雑草」という草花たちのイメージからでしょうが・・・・。

でも・・・

もし、私も雑草のような人間・・・という表現を使うなら・・・

周りに気を取られず・・・

周りの目を気にすることなく・・・

周りの中称や誹謗に振り回されることなく・・・・

自分の持てる力を精いっぱい使い、自分の役割や仕事をやり遂げられる人間・・という意味で使いたいなと思いました。

でも・・・

やはり、「雑草」ではなく、その草花の名前を憶えて、読んであげられるようになりたいな。

だって、どの花も、しっかりと、胸を張って咲いているのだから。

そう・・・

「世界に一つだけの花」という歌がありました。

あの、スマップが歌っていて、大ヒットした曲。

私もあの曲は大好きです。

あの歌の2番の歌詞に・・・

「名前も知らなかったけれど、あの日僕に笑顔をくれた、誰も気がつかないような場所で、咲いていた花のように・・・」というところがありますよね。

あの歌詞大好きです。

まさに・・・

私達が普段「雑草」と呼んでいるような花の事を歌った歌詞ですよね。

でも、その花が、笑顔をくれた・・・

そう、力をくれたのですよ。

小さな、名も知らない花でも、そっと咲いているその花は、見ている私達に、笑顔をくれるんですよ。

素適じゃないですか。

あたりまえのことだけど・・・・

メジャーな人間もいます。

しかし、その裏側には、それよりも大勢の裏方さんがいるのです。

その裏方さんは、決して、陽の光を浴びることはないかもしれないけれど、でもその裏方さんがいなければ、メジャーな人間も花開くことははにということも、知っていおきたいことですよね。

足元を見ないと踏み潰してしまうような花たちにも、きっと大きな役割があるんです。

同じ様に、私たち人間にも、一人一人になにかしらの役割があるはず。

必要ない人間は一人もいない。

たとえ、障害を持っている方でも・・・

病気の方でも・・・

お年寄りでも・・・

この世には、一人として、不必要な人はいないということを、私達みんなが意識していなければならないのではないでしょうか。

名も知らない花から・・・

私達は、まだまだ教わることがたくさんあるのではないかな


CIMG5027.jpg


ブログ「心豊かな暮らそう!」へようこそ
ブログ「心豊かな暮らそう!」にお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

当ブログは、50を過ぎた中年オヤジが、毎日時間に追われ、お金に振りまわされ、やりたいことも我慢してやれないような暮らしから、自分の思いをしっかりと受け止め、心にゆとりを持った暮らしをしていこうと、悪戦苦闘している日記です。

もし、このブログを読んでいただき、共感いただけることがありましたら、是非、末永くお付き合いいただければと思います。

また、一緒に、心豊かな暮らしを模索してみませんか。

同じような思いを抱いている方々とつながりを持てることを楽しみにしています。

これから、よろしくお願いいたします。