心豊かに暮らそう!
音楽・釣り・アウトドアライフ・写真・神社めぐりなどなど、私の心ときめく時間をご紹介。
プロフィール

祥雲

Author:祥雲
50も半ばを過ぎた中年オヤジです!仕事仕事ですぎていった若いころを取り戻すことはできないけど、残りの人生は、もっと心豊かな生き方をしていきたいと思っています。そんな私の思いや暮らし、お勧めなどをブログでご紹介していきます。一緒に、心豊かな暮らしをしましょう!!!



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



お勧めサイト



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



お気に入りの場所・・・・
私の憧れに、行きつけの喫茶店を持つ・・・と言うことがあるんです。

これ、若い頃から憧れていたんですよ。

高校生のころは、学校が終わると喫茶店に行ったものでした。

お気に入りの喫茶店もあったんですが、貧乏学生には、毎日喫茶店に通うなんてできないし・・・。

弁当代500円もらって、200円のパン一つだけでお昼を我慢して、残り300円を握りしめて喫茶店に行きましたよ。

でも・・・・

毎日お昼がパン一個ってわけにはいきませんよね・・・育ちざかりの若者には。

だから、行きつけの喫茶店を持てることが憧れだったんですよ。

自分には、行きつけの喫茶店があって、いつもそこにたむろしている。

マスターには、「いつものね!」と言えば分ってもらえるような関係でね。

すると、気の合った仲間達がそこに集まってきて、たわいもないおしゃべりを始めるんです。

時間は、ゆっくりと流れ、その店の閉店間際になり、マスターが、いつものように・・・

「ラストオーダーの時間だよ!」と声をかけてくれるんですよ。

う~~~・・・

憧れちゃうな!!!

でも・・・いまだに、行きつけの喫茶店・・・ありません。

あ・・・カフェじゃありませんよ。

あくまでも、喫茶店ですよ。

カフェなんて、しゃれたお店では、私のようなおじさんでは長居できませんからね。

古ぼけた・・・

それでいて、ちょっとこぎれいでね。

薄暗いのはバツ!!!

窓が大きくて、明るいお店がいいんです。

贅沢ですね。

でも・・・最近のお店は、おしゃれすぎちゃって、おじさんが一人で通うにはちょっとためらっちゃいますよ。

それに・・・通いたいなと思えるお店にも出会えてないし。

でも、最近、ちょっと気になっているお店があるんですよ。

CIMG5089.jpg

もちろん、しゃれたお店ですが・・・おじさん一人でも、快く受け入れてくれそうな感じがしてね。

CIMG5092.jpg

落ち着いた雰囲気のお店なんですよね。

CIMG5093.jpg

でも・・・・

最近のカフェってやつは、珈琲は対価に美味しいんですが、お値段が高い。

スペシャリティー珈琲とかいう、いい豆使っているお店も増えていて・・・。

でも、それなりにお値段がしていますよね。

珈琲一杯500円も600円もしたら、安サラリーマンや、年金暮らしのおじさんの小遣いじゃ通えないよね。

これじゃ毎日通って飲むのは無理かな。

ここのお店も、珈琲美味しいんですよ。

豆も、いい豆を使っているようですしね。

でも・・・・ね。

やっぱり、毎日通うとなると無理があるな。

通えれば通いたいと思うようなお店なんですけどね。

そう考えると、なかなか、お気に入りのお店って見つからないものなんですよね。

これまでも、結構、喫茶店には言ってると思うですが・・・やはり、まだ見つかっていませんからね。

だから、自分で作りたいんです。

おじさんも気軽にこれて、たわいもない趣味の話しなんぞをできるお店を。

カフェじゃありませんよ。

喫茶店ですからね・・・喫茶店!

いえいえ・・・・なんなら、喫茶コーナーでもいいくらいですよ。

もちろん、しゃれてなんかいません。

私がマスターですから。

でも。珈琲は美味しいっていってもらえるような一杯を入れられるようになりたいな。

珈琲豆も、普通の豆を使うんです。

スペシャルじゃないんです。

でも・・・心温まる一杯に出会える店を作りたいんですよ。

小さいけど、明るい店内には、店の半分は手作り品などを置いて・・・・

残り半分が喫茶コーナーなんです。

店の奥には、常連客のおじ様が、コーヒーを飲みながら、好きな釣りや音楽の話なんかに花咲かせてるんですよ。

あ・・・もちろん、囲碁の話でも、金魚の話でも・・・生け花の話でも・・・・盆栽の話でもいいんですよ。

ただ・・・

だれでも、自分の好きなことを話したいんじゃないかなって。

自分の好きなことを聞いてほしいんじゃないかなって思うんですよ。

だから、自慢話でもなんでもいいんです。

気持ちよく話をして、気持ちよく帰っていただければ・・・ね。

ま・・・・そんなお店が作りたいんです。

いつか・・・・自分のお店を持ちたいんですよ。

自分もくつろげる・・・そんな、暖かいお店を!!!


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する