心豊かに暮らそう!
音楽・釣り・アウトドアライフ・写真・神社めぐりなどなど、私の心ときめく時間をご紹介。
スポンサードリンク



最新記事



カテゴリ



プロフィール

祥雲

Author:祥雲
50も半ばを過ぎた中年オヤジです!仕事仕事ですぎていった若いころを取り戻すことはできないけど、残りの人生は、もっと心豊かな生き方をしていきたいと思っています。そんな私の思いや暮らし、お勧めなどをブログでご紹介していきます。一緒に、心豊かな暮らしをしましょう!!!



月別アーカイブ



最新コメント



お勧めサイト



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



扉温泉 桧の湯
いい湯だな・・・♪

いい湯だな・・・♪

温泉って、やっぱり気持ちいいよね!

ということで、先日、松本市にあります、扉温泉 桧の湯に行ってきました。

CIMG6539.jpg















地元の人に愛されている湯

この「扉温泉・桧の湯」は、こじんまりとした日帰り温泉施設です。

CIMG6541.jpg

扉温泉には有名なお宿もありますが、お湯がとてもいいので、ここ「桧の湯」も、たくさんの方が、その湯に浸かりに訪れるんですよ。

CIMG6545.jpg

我が家もお気に入りの温泉なんです。

そして、地元の方がたくさん来ているんです。

毎日入りに来られている方もいるようで、地元の会話が湯船の中に飛び交っています。

顔が見えないと心配されたりして・・・

温泉だけに・・・暖かい関係なんですね。

そんな地元の方に愛される理由は・・・

もちろんお湯の良さもあります。

ちょっとぬるめの・・・と言っても、冬に入ると寒いというほどぬるくはないですよ。

室内風呂は、十分に暖かいお湯です。

露天ぶろは少しぬるめ。

でも、あがると体が内側からぽかぽかしてくるんです。

温泉だなって実感しますよ。

疲れも取れるし・・・

とにかくゆっくりとつかっていられる温泉だんです。

私は、どちらかと言うと、あまり長湯は得意ではない方ですが、ここの温泉は、そんな私でも、ゆっくりとつかっていたいと思えるお湯なんですよ。

そんなお湯の良さはもちろん・・・

お値段が安いんです。

入浴料が・・・・

なんと・・・今でも・・・300円です。
CIMG6558.jpg

300円ですよ。(令和2年11月現在)

CIMG6554.jpg

CIMG6555.jpg

300円なら、私も家が近くなら、毎日でも通いたい温泉ですよ。

地元の人が通ってくるのンも納得です。



引越しの疲れも・・・・

この日は、娘が引越しをしたんですよ。

といっても、松本市内から市内へですけどね。

その手伝いに駆り出されていました。

2階からおろして、また2階の部屋に入れる。

1人暮らしですから、荷物は大した量はなかったんですが、それでも疲れました。

で・・・

その疲れを明日に残さないように・・・ということで、ここ扉温泉・桧の湯に来たんです。

ここの温泉に来るのは久しぶりでした。

でも、あいかわらずいいお湯。

この日は、ちょっと混んでいて、露天風呂に入るまでに少し待ちましたが、それでも、内湯もいいお湯ので問題なし。

ただただ・・・

ぼー!っと、お湯につかっています。

ま、息子と話をしながら入ることも多いのですが、のんびりしたいときには、話もせずに、ボー!っとしています。

まさに、この日はそうでした。

すると・・・・

こころも体も溶けて行くような、まったり感が・・・。

このまったり感が何ともいえずにいいですね。

家のお風呂も吉良ではないですが、あまりゆっくりと入る気にはなれないので、ついつい、ささっと暖まって、ささっと洗って出てきてしまうんですよ。

でも、温泉に入ると、のんびりとはりたくなりますね。

特に、ここ「桧の湯」のように、いいお湯だと。

CIMG6546.jpg

疲れたからに最適・・・・


ここ「扉温泉 桧の湯」は、アルカリ性単純温泉です。

CIMG6551.jpg  CIMG6552.jpg


いわば」、普通の温泉です。

でも気持ちいいです。

効能も・・・・

神経痛・関節痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え性・疲労回復・健康増進など・・・。

CIMG6553.jpg

なんにでも効果がありそうですね。

でも、一番の効果は、やはり“癒し”ではないでしょうか。

こころも体もまったりと・・・

この“癒し”感が最高ですよね。

CIMG6548.jpg

コロナ対策も必要


こんな田舎の温泉でも、新型コロナウィルスへの感染予防対策は求められてしまいます。

CIMG6540.jpg

温泉で殺菌・・・というわけにはいかないようです。

ここの温泉では、手洗いやマスク(もちろん、入浴中はとってもいいのですが・・)、消毒と言った通常の対策に加えて、

CIMG6547.jpg

入浴者全員の連絡先を書かされます。

CIMG6549.jpg

これは、もしもの時に連絡が取れるようにするためだと思いますが・・・。

もちろん、代表者の名前と住所、連絡先だけでいいのですがね。

これも、安心して温泉を利用する為には仕方のないことでしょうね。

温泉と言う特別な環境だからこそ、注意が必要なのかもしれませんが・・・。



シャンプーはありません!!!


ここの温泉に行くならば、シャンプーやリンスは持参して下さいね。

浴室には設置されていませんから。

CIMG6557.jpg

えーーーーー!

いまどき、シャンプーやリンスが無いの???

って思われるかもしれませんが、この値段ですよ。

300円で入れる温泉ですよ。

必要最低限のものしかありません。

シャンプーやリンスが必要な方は・・・あ、石鹸もかな・・・かならず、持参して下さい。

CIMG6556.jpg

物を選ばないのなら、フロントで買うこともできますよ。

田舎の温泉では、こういったところも、まだまだありますからね。

安い温泉は、たいてい石鹸・シャンプー・リンスといったたぐいのものは、別途購入になります。

あしからず・・・。



食堂もあります。


この「扉温泉 桧の湯」には、有料ですが、休憩室もあります。


また、この休憩室で、隣の食堂から取り寄せて、食事をする事も出来ます。

CIMG6559.jpg

もちろん、となりの食堂に行って食べる事も出来ます。

CIMG6542.jpg

素朴な料理ですが、美味しいんですよ。

CIMG6543.jpg

私もなんどか食べたことがあります。

ただ、私は隣の食堂に行って食べました。

CIMG6544.jpg

その方が、休憩室の使用料がとられないので。

けれど、休憩室を使えば、何度でも入浴ができますので、ゆっくりと温泉を楽しみたかったら、休憩室を利用するのも手かもしれませんね。

CIMG6561.jpg

他には何もないひなびた日帰り温泉施設ですが・・・(ジュースの自動販売機くらいはありますよ。)、温泉を楽しんでいただくには最高なところです。

値段も安く、お湯もいい・・・

「扉温泉 桧の湯」・・・信州に来られたら、是非行ってみて下さい。

心豊かな時間を過ごせると思いますから。

PS:夏の露天ぶろはアブが出ますので要注意です。



扉温泉 桧の湯

所在地・・・長野県松本市入山辺8967-4-28

詳しくはこちら



【 心豊かに過ごすための今日の一言 】


・温泉に入って、ゆったり・まったりした時間を過ごそう!
・素敵な温泉で、心の贅沢な時間を過ごそう!





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する